不妊と栄養 その9「低栄養タイプ」 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

不妊と栄養 その9「低栄養タイプ」

2017/03/17

こんにちは、大阪市西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院です。

前回は「月経不順タイプの対策」というテーマでお話しました。

今回は「低栄養タイプ」についてお話します。

 

さて、栄養=カロリーではありませんが、あきらかな摂取カロリー不足は低栄養の原因となりますし、摂取カロリー過多であっても重度の低栄養状態となることもあります。

 

摂取カロリー不足は、ダイエットで過度な食事制限をしたり、偏った食生活をしているやせ過ぎの人のことです。体重が40kg以下、あるいはBMIが18以下の人をさします。「間食を控える」「適度な運動をする」といったダイエットなら問題ありませんが、食事量を過度に減らす、野菜や果物だけ食べるといった偏ったダイエットはやめましょう。いずれもたんぱく質不足や鉄欠乏の心配があります。

またダイエットはしていないけれど、食が細いため結果的にやせ過ぎの人も低栄養の可能性があります。栄養が足りずにやせ過ぎている場合は、月経不順にもなりやすいので、前回の「月経不順タイプの対策」も参考にひてください。

 

一方で「摂取カロリー過多」とは、太り過ぎの人のこと。BMIが25以上の人をさします。太り過ぎなら、栄養は十分足りているのではないか、と思うかもしれませんが、実は肥満も低栄養の結果なのです。太り過ぎの人は、ジャンクフードやファストフードをよく食べたり、あっさりとした和食よりもこってりとした洋食を好んだり、ごはんやパンなどの主食をたくさん食べる傾向にあります。これでは「カロリー」は摂取していても「必要な栄養素」は摂取していない状態です。十分に食べていても栄養は足りていないのです。カロリー=栄養ではないことを肝に銘じておきましょう。

 

やせ過ぎ、太り過ぎは、どちらも必要な栄養素をとっていない、ということでは同じです。今すぐ食事内容と食べ方を見直しましょう。

 

今回はここまでです。次回は「低栄養タイプの対策」についてお話していきます。

 

 「妊娠率」61.7% アンチエイジング不妊鍼灸の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

院長 冨田 祥史(山元式新頭針療法 YNSA学会 評議員)

〒557-0014 大阪市西成区天下茶屋2-21-10

TEL&FAX 06-6659-0207 Email: mail@ynsa-japan.com

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel
button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら


天下茶屋駅×鍼灸部門
天下茶屋駅×整体部門
天下茶屋駅×マッサージ部門
2016年12月時点

ブログ

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

エキテン評判のお店



康祐堂あけぼの漢方鍼灸院の口コミをもっと見る