関節リウマチ⑧ | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

関節リウマチ⑧

2018/08/07

リウマチ進行予防

 

①十分な睡眠をとる

関節リウマチの予防として体調を維持するためにも、十分な睡眠が必要です。

8時間の睡眠が理想ですし、とくに睡眠のリズムを整えることが大切となります。

睡眠のリズムを整えるには、早起きをすることがポイントです。朝のこわばりがあっても、落ち着いて行動することもできます。

 

 

②バランスの良い、美味しい食事を摂る

食事量と栄養バランスのいい食事をすることで、健康的な体作りと体重コントロールができます。

特に、新鮮な野菜や根菜、ヨーグルトにフルーツや鮮度に魚介類などをとるように心がけるといいそうです。

また、美味しい食べ物を食べることで、気持ちもリラックス状態になりやすいです。

 

 

③よく笑うこと、ストレスを解消する

家族や人間関係、仕事などのストレス、働き過ぎや頑張り過ぎることも関節リウマチを発症または悪化させてしまうこともあります。
カラオケや温泉旅行、買い物、好きな趣味など、リラックスできることを満喫することでストレスを発散するといいでしょう。

 

 

④口腔内を清潔にする

腸内の細菌が関節リウマチの発症原因に関係するとの説もあるので、朝昼晩の食後は必ず歯磨きをして口の中を清潔にするようにしましょう。
また、胃のピロリ菌も検査をしておくといいです。

もし陽性の場合はきちんと除菌するようにしてください。

 

 

⑤禁煙をする

喫煙者は必ず禁煙するようにしてください。

喫煙は関節リウマチを発症させやすくするリスクがあると言われています。

また、治療中でも喫煙しているだけで治療効果が発揮しにくいことがあります。

喫煙者と非喫煙者で比較すると、非喫煙者のほうが寛解の達成率が高いというデータもあります。

さらに肺などの病気になってしまうと合併症のためにリウマチ治療ができないこともあるので、禁煙するのが一番いい予防策といえるでしょう。

 

 

⑥疲れすぎないよう活動する

関節リウマチの症状が落ち着いている人は、積極的に運動をするようにしましょう。

運動をすることでリハビリにもなりますし、体重のコントロールもしやすくなるメリットがあります。

ただし、疲れすぎるくらい運動をしてしまうと逆効果なので、こまめに休憩を挟んで活動と休息のバランスを上手にとるようにしてください。

 

 

⑦温浴・冷浴で症状を和らげる

関節リウマチの患部を温めたり冷やしたりすることで、症状を軽くすることができます。
この方法は医療機関でも行われているリハビリ方法のひとつです。

 

幹部が腫れ上がり、熱を持っている場合

患部が腫れて熱をもっているときは、冷浴で冷やしてあげるのが原則となっています。

 

患部の症状が軽く、腫れもひどくない場合

症状や腫れがひどくなければ、温浴で温めるといいです。

関節リウマチの場合、関節周辺の筋肉がこわばり、血液の流れが悪くなるのも痛みを強めてしまう原因になります。

温浴で温めることで、血液の流れがよくなり症状が和らぐことが多いそうです。

一番効果が実感しやすいのが、血液の巡りを良くしてくれる温浴だといえるかもしれません。

 

 

次回は、経過と予後についてお話していきます。

 

 

大阪で関節リウマチなら西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院 

電話:06-6659-0207 FAX:06-6659-5858 

557-0014 大阪府大阪市西成区天下茶屋

mailto:mail@ynsa-japan.com

 

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

エキテン評判のお店