めまい・ふらつき⑧【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢方鍼灸院へ】 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

めまい・ふらつき⑧【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢方鍼灸院へ】

2019/03/15

めまいの原因が判らない時、多くの医師や患者さんは「心因性めまい」と考えがちです。

しかしそれには誰もが納得していないはずです。

めまいが長引けば、気うつになるのは当たり前のことです。

 

こころについて

めまいの患者さんの中には、医師からこころの病気と診断されて、心療内科やメンタルコンサルタントに通っている人が多くいます。

うつ気分で通院している患者さんの中には、めまいをもっている人が多いとのことです。

患者さんのほうもこころの病気といわれて、納得している人もいるかもしれませんが、私どものところに来るめまいの患者さんの多くは、どうしても「こころの病気であるはずがない」「私には特別な悩みはない」「催眠術にかけられても、隠しているような悩みはない」といって、こころの病気と診断されたことがいちばんのこころの病気の種だと思っています。

医師から、こころの病気だと診断あるいは宣告されて、本当にこころの病気になってしまった人の中には、ついに自殺した人もいます。

こころの病気というのは、自律神経失調症とか更年期障害と同じように医師が診断がはっきりしない時によく使う”ゴミ箱診断″と考えるべきでしょう。

けっして、こころがめまいに関係していないと思っているのではありません。

めまいの悪循環の原因にはなっていても、そもそものめまいの原因とは考えられないという意味です。

そもそもは、長い間めまいが治らないでいると、だんだん、憂うつな気分になるという当たり前のことです。

それよりも、めまいの人がめまいを発病する以前から、もともと前頭葉に関係した潜在的な障害があった可能性があります。

その場合には、こころの病気とめまいは同時スタートの病気と考えられます。

なぜなら、前頭葉は人間の感情の起伏に大きく関与する部分だからです。

わかりやすくまとめますと、めまいの発病する前から、多少は性格的にうつ傾向であった人が、めまいの発病を契機にその心理状態がより増幅されたといえると思います。

めまいの治療上に心理的要因を考慮することはきわめて重要なことですが、こころの病気をめまいの原因とするのは、問題があると思われます。

 

 

大阪でめまい・ふらつきなら西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院 

電話:06-6659-0207 FAX:06-6659-5858 

557-0014 大阪府大阪市西成区天下茶屋

mailto:mail@ynsa-japan.com 

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

エキテン評判のお店


スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10