パーキンソン症候群③【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢方鍼灸院へ】 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

パーキンソン症候群③【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢方鍼灸院へ】

2019/07/09

脳血管性パーキンソニズム

1)症状

脳梗塞や脳出血が原因で、 パーキンソン症状が現れる疾患です。

歩行はパーキンソン病に比べるとやや開脚した歩行になります。

2)診断

頭部MRI検査で小さな陳旧性の梗塞巣や出血巣を多数認めます。

3)治療

脳梗塞や脳出血の再発予防が中心で 、 抗パーキンソン病薬無効です 。

 

 

薬剤性パーキンソニズム

1)原因

薬が原因でパーキンソン症状が現れる 疾患です。

原因とされる薬は右記のとおりで、 降圧薬、抗精神病薬、抗うつ薬、消化器系薬剤 などいずれもドーパミン拮抗作用を持っていますす。

2)治療と経過

原因薬を中止すると、 数か月くらいで症状が消失ないし改善する場合が多いですが、ときに半年以上かかることもあります。

また1割 から3割程度の方で、 原因薬を中止してもパーキンソン症状が改善しないことがあり、 後日パーキンソン病と診断される場合があります。

これはもともとパーキンソン病の素因を持っている人が、ドーパミン 拮抗作用を持つ薬を飲むことによって、パーキンソン病が顕在化したと考えられています。

 

 

多系統萎縮症

錐体外路系、 小脳系、 自律神経系と多系統にわたる症状を呈します。 

 

 

進行性核上性麻痺

典型例では、パーキンソン症状や上下方向への眼球運動障害を認めます。

 

 

大脳皮質基底核変性症

明瞭な左右差をもって、パーキンソン症状や大脳皮質に由来する症候 (失行や皮質性感覚障害など) が出現するのが特徴です。 

 

 

 

大阪でパーキンソン症候群なら西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院 

電話:06-6659-0207 FAX:06-6659-5858 

557-0014 大阪府大阪市西成区天下茶屋

mailto:mail@ynsa-japan.com

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10