椎間板ヘルニアの治療について | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

椎間板ヘルニアの治療について

no_image

椎間板ヘルニアとは、脊椎の椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)が変性し、組織の一部が飛びだすことをいいます。このとき、飛びだした椎間板の一部が神経を圧迫し、激しい痛みやしびれなどの症状を起こします。どこに痛みやしびれが出現するかは、脊椎のどの部分で椎間板ヘルニアが起こっているのかによって違います。

ヘルニアに対して西洋医学では手術療法が一般的に行われますが、残念ながら手術をしたにも関わらず、痛みやしびれが改善しないと言った方を臨床上多く見ます。これは腰痛やしびれの原因がヘルニアにないにも関わらず手術を行ってしまったためです。当院では手術適応とされたヘルニアであっても、東洋医学の治療を行うことで、実際に手術を回避できた方や、手術を行っていないにも関わらず、痛みやしびれが改善する方が多くいらっしゃいます。

ヘルニアとは?

頸椎椎間板ヘルニアの場合は、首や肩の痛み、腕~手の痛みやしびれといった症状が現れます。胸椎椎間板ヘルニアは頸椎や腰椎に比べ頻度が少ないですが、下肢のしびれや脱力感で気がつくことが多いです。腰椎椎間板ヘルニアが最も起こりやすく、腰やおしり〜下肢にかけて痛みが発生し(坐骨神経痛)、しびれも生じます。

ヘルニアになる原因

椎間板ヘルニアの発症は、環境要因(姿勢・動作)や遺伝要因(もともとの体質・骨の形)そして、加齢が関係しています。椎間板には、座る、立ったまま前屈みになるといった姿勢や動作でも体重の約2・5倍の圧力がかかるといわれ、こうしたことの繰り返しによって、椎間板に変性をもたらし、椎間板へルニアに発展するものと考えられています。

椎間板ヘルニアの治療方法

椎間板ヘルニアの治療方法は、保存療法と手術療法があります。椎間板ヘルニアは、自然治癒することもあるため、まずは、保存療法から治療が進められます。

<保存療法>
・急性期には安静、コルセットの装着
・非ステロイド性鎮痛薬などの薬物療法
・温熱療法
・ステロイドと局所麻酔薬による神経ブロック
・牽引
・慢性期には日ごろの鍛錬として筋力強化

手術療法は、保存療法を行っても痛みがとれない場合や、脚に麻痺がある場合、排尿・排便障害がある場合に行われます。

よくあるご質問

Q.手術はすぐにした方がいいのですか?
A.自然治癒することもあるので、まずは手術をせずに保存療法で治療を行うことをお勧めします。

Q.ヘルニアの手術をしたのですが痛みが改善せず続いています。治りますか?
A.痛みを軽減させて、動きをよくしていくことができます。

当院の椎間板ヘルニアに対する治療方針およびアプローチ

症状として存在している、坐骨神経痛や、しびれば、じつは腰ではなく脳で感じていることが多いのです。そこで当院では脳の痛みやしびれをリセットする特別な治療や、痛みの引き金(トリガー)となっている腰部の血流不全を改善する温熱治療、そしてしびれの原因となっている身体の歪みを調整するストレッチ指導などを行います。手術を受けようか、悩んでいる方、ヘルニアと言われ、手術以外の治療法が無いと言われた方。ぜひ当院の治療をうけていただきたいです。

大阪ヘルニア治療一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら


天下茶屋駅×鍼灸部門
天下茶屋駅×整体部門
天下茶屋駅×マッサージ部門
2016年12月時点

ブログ

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

エキテン評判のお店



康祐堂あけぼの漢方鍼灸院の口コミをもっと見る