不妊と栄養 その25「ママになるために必要な栄養素ーコレステロール」 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

不妊と栄養 その25「ママになるために必要な栄養素ーコレステロール」

2017/08/21

こんにちは、大阪市西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院です。

前回は「ママになるために必要な栄養素ービタミンA」というテーマでお話しました。

今回は「ママになるために必要な栄養素ーコレステロール」というテーマでお話していきます。

 

さて、コレステロールは多すぎると心筋梗塞や動脈硬化の原因になります。そのためスーパーでは低コレステロールを売りにした商品がズラリと並んでいます。しかし、コレステロールは、細胞の膜や女性ホルモンなどの性ホルモンの成分になるので、多すぎるのと同様に少なすぎるのも問題なのです。

 

コレステロールの材料となるたんぱく質(肉・魚・卵など)をまったくとらないでいると、女性ホルモンの量が減ってしまい、結果、妊娠を遠ざけることにもなりかねません。実際に赤ちゃんができないと悩んでいる人の多くは、コレステロール値が低い傾向にあります。そして、低コレステロールが改善されると妊娠するケースが多いのです。

食物から体に吸収されるコレステロールは、20%程度。あとの80%は、肝臓で合成されています。肝臓にはコレステロール合成の調節機能があり、食事からの摂取量が多いと、肝臓での合成量が減るようにうまくバランスをとっています。

 

コレステロールは脂質なので、血液には溶けないため、たんぱく質と結合した形で血流に乗って体内を移動し、体の各組織に運ばれます。組織へ運ばれるものをLDLと呼び、反対に過剰になって組織から回収されるものがHDLで、どちらも大切な成分です。

女性ホルモンのためには、食事のコレステロール量を気にし過ぎるより、肉や魚、卵などからたんぱく質をしっかりとることが大切です。

 

今回はここまでです。次回は「おなかの赤ちゃんによくない食べもの・嗜好品」というテーマでお話していきます。

 

 「妊娠率」61.7% アンチエイジング不妊鍼灸の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

院長 冨田 祥史(山元式新頭針療法 YNSA学会 評議員)

〒557-0014 大阪市西成区天下茶屋2-21-10

TEL&FAX 06-6659-0207 Email: mail@ynsa-japan.com

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel
button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら


天下茶屋駅×鍼灸部門
天下茶屋駅×整体部門
天下茶屋駅×マッサージ部門
2016年12月時点

ブログ

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

エキテン評判のお店



康祐堂あけぼの漢方鍼灸院の口コミをもっと見る