不妊と栄養 その26「おなかの赤ちゃんによくない食べもの・嗜好品ーアルコールとカフェイン」 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

不妊と栄養 その26「おなかの赤ちゃんによくない食べもの・嗜好品ーアルコールとカフェイン」

2017/08/25

こんにちは、大阪市西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院です。

前回は「ママになるために必要な栄養素ーコレステロール」というテーマでお話しました。

今回は「おなかの赤ちゃんによくない食べ物・嗜好品ーアルコール・カフェイン」というテーマでお話していきます。

アルコール

さて、妊娠中・授乳中にお酒を控えるということは、今や常識。妊娠中はママの飲んだアルコールは胎盤を通して胎児に届き、授乳中は母乳にアルコール分が含まれてしまいます。アルコールは、少しの量でも赤ちゃんには影響大。出来る限り酒量ゼロを目指しましょう。

これから妊娠を望む方も、お酒は控えるようにしましょう。アルコールは種類によっては糖質を多く含むものがあり、飲めばすぐに血液中に入り、血糖値は上昇します。しかし、上がりすぎた血糖値を下げるインスリンが大量に分泌されますから、逆に低血糖状態に陥りやすくなります。これは排卵障害の重大な原因のひとつと考えられています。

そして、アルコールを飲むと、体内ではアルコールを代謝するために、多くの栄養素が消費されてしまいます。アルコールで消費されるのはナイアシン、ビタミンB12、ビタミンC、葉酸。ビタミンB12と葉酸は、妊娠しやすい体をつくるために必要となり栄養素です。せっかく食事に気を配っても、アルコール代謝のために無駄づかいされてしまうのです。

 

カフェイン

コーヒーなどに含まれるカフェインは、胎盤を通過し、乳汁にも出ますので、妊娠中から授乳中までできるだけとらないように心がけましょう。妊娠中に大量にとると血管が収縮して胎盤への血流が悪くなり、赤ちゃんに酸素や栄養が届きにくくなります。

これから妊娠を考えている人も、カフェインの摂取量は控えていただきたいものです。1日中、何杯もコーヒーを飲む習慣のある人は、ノンカフェインのコーヒーに切り替えたり、飲む回数を減らしたり、牛乳を加えて飲むようにすると良いでしょう。

 

今回はここまでです。次回は「おなかの赤ちゃんによくない食べもの・嗜好品ーたばこ・ジャンクフード・トランス脂肪酸」というテーマでお話していきます。

 

 「妊娠率」61.7% アンチエイジング不妊鍼灸の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

院長 冨田 祥史(山元式新頭針療法 YNSA学会 評議員)

〒557-0014 大阪市西成区天下茶屋2-21-10

TEL&FAX 06-6659-0207 Email: mail@ynsa-japan.com

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel
button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら


天下茶屋駅×鍼灸部門
天下茶屋駅×整体部門
天下茶屋駅×マッサージ部門
2016年12月時点

ブログ

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

エキテン評判のお店



康祐堂あけぼの漢方鍼灸院の口コミをもっと見る