不妊と栄養 その28「高年初産と栄養セラピー」 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

不妊と栄養 その28「高年初産と栄養セラピー」

2017/09/04

こんにちは、大阪市西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院です。

前回は「おなかの赤ちゃんによくない食べ物・嗜好品ーたばこ・ジャンクフード・トランス脂肪酸」というテーマでお話しました。

今回は「高年初産と栄養セラピー」というテーマでお話していきます。

 

さて、最近は女性の根因年齢が上がっているため、35歳以降に妊娠を望む人が増えています。日本産婦人科学会の定義では、35歳以上の初産のことを「高齢初産」といい、実際、その数は年々増えています。

 

自然妊娠したいと思ったら、リミットは40代前半といわれていますが、35歳を過ぎると、不妊は増える傾向にあるようです。しかし、正確にいうと、急に不妊になるわけではありません。女性の体は、30歳を越えた頃から不妊のリスクが徐々に高まっていきます。しかし、仕事やプライベートに忙しい毎日を送っていると、「まだ大丈夫」と思いがちで、35歳を過ぎて「妊娠」を強く意識して、不妊に気がつくのです。

 

高年初産で不妊の場合、考えられる原因の一つに、加齢による卵子や卵巣の機能低下があります。さらに、妊娠可能な期間が残り少なくなっていることも関係してきます。また、加齢による免疫力の低下が原因で、性感染症などに感染し、それが卵管性不妊につながる場合もありえます。それ以外にも、特別な疾患や明確な原因がないのに妊娠できない、というケースも不妊原因の1割を占めるのが現状です。

 

ところで、あるクリニックでは、不妊外来に訪れる女性に86%が鉄欠乏で、88%に亜鉛欠乏がみられてというデータがあります。しかし、そういった人々は共通して、食生活への意識が高く、決して健康をおろそかにしているわけではありません。そのように健康に気にしながら食べていても、必要な栄養が十分にとれるとは限らないのです。

しかも、現代の女性は、さまざまな価値観の中でストレスを受けながら生きているため、とても疲れています。そのため免疫力や抵抗力が落ちて、栄養の吸収力も弱まっているのです。体が知らないうちに弱り、血流も滞るため、せっかくとった栄養を体内に巡らすこともできません。

 

35歳以上で妊娠を希望している場合、すでに不妊治療を行っている人もいるでしょう。栄養セラピーで栄養状態を改善することは、不妊治療を行っている人にもそうでない人にも、子宮、卵巣、ホルモン環境をととのえ、赤ちゃんの居心地のよい環境をつくりながら、妊娠しやすい体質にするという意味で有効です。実際、不妊治療を受けながらもなかなか妊娠しなかった女性が、栄養セラピーを実践して妊娠した例はたくさん報告されています。

 

今回はここまでです。次回は「栄養セラピーと卵子のアンチエイジング」というテーマでお話していきます。

 

 「妊娠率」61.7% アンチエイジング不妊鍼灸の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

院長 冨田 祥史(山元式新頭針療法 YNSA学会 評議員)

〒557-0014 大阪市西成区天下茶屋2-21-10

TEL&FAX 06-6659-0207 Email: mail@ynsa-japan.com

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel
button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら


天下茶屋駅×鍼灸部門
天下茶屋駅×整体部門
天下茶屋駅×マッサージ部門
2016年12月時点

ブログ

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

エキテン評判のお店



康祐堂あけぼの漢方鍼灸院の口コミをもっと見る