不妊と栄養 その29「栄養セラピーと卵子のアンチエイジング」 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

不妊と栄養 その29「栄養セラピーと卵子のアンチエイジング」

2017/09/08

こんにちは、大阪市西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院です。

前回は「高年初産と栄養セラピー」というテーマでお話しました。

今回は「栄養セラピーと卵子のアンチエイジング」というテーマでお話していきます。

 

さて、男性の精子が毎日つくられるのに対して、卵子は女性が生まれたときにすでに、卵巣の中に卵子の元となる卵母細胞を約200万個持っていて、新たにつくられることはありません。初めての排卵(初潮)を経て、妊娠するまで休むことなく毎月排卵し続けます。体内に抱え込んだ卵母細胞は、年齢を重ねるたびに、髪質や皮膚などと同様に老化します。そして35歳を過ぎると、老化するスピードが加速し、毎月排出される卵子の質も低下します。

 

排卵の仕組みから、説明します。排卵の3ヶ月前ほどに卵巣内の卵母細胞から、約800〜1000個の細胞が選ばれ成熟し始めます。月経が始まるころには、その中から10〜20個が選ばれ、さらにその中から1つにしぼられ、排卵します。この過程で選ばれる細胞は、卵胞刺激ホルモン(FSH)や卵胞ホルモン(E2、エストロゲン)に刺激されてどんどん大きくなります。加齢するとこの刺激が強くなり、月経時にはすでに大きな細胞が育っているため、短い卵胞期(月経開始から排卵までの期間)で排卵してしまうのです。この時に排出される卵子の質は低下してしまいます。

 

卵子の質が低下すれば、当然妊娠しにくくなります。しかし、適切な栄養をとることで、卵子の老化はある程度防ぐことは可能になります。栄養セラピーで食事を見直すことで、目に見えない細胞レベルから若返ることができるのです。

 

今回はここまでです。次回は「栄養セラピーで改善できるケースとできないケース」というテーマでお話していきます。

 

 「妊娠率」61.7% アンチエイジング不妊鍼灸の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

院長 冨田 祥史(山元式新頭針療法 YNSA学会 評議員)

〒557-0014 大阪市西成区天下茶屋2-21-10

TEL&FAX 06-6659-0207 Email: mail@ynsa-japan.com

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel
button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら


天下茶屋駅×鍼灸部門
天下茶屋駅×整体部門
天下茶屋駅×マッサージ部門
2016年12月時点

ブログ

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

エキテン評判のお店



康祐堂あけぼの漢方鍼灸院の口コミをもっと見る