パーキンソン病の歴史と症状 大阪でYNSA山元式新頭鍼療法の治療なら康祐堂鍼灸院へ | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

パーキンソン病の歴史と症状 大阪でYNSA山元式新頭鍼療法の治療なら康祐堂鍼灸院へ

2018/01/12

 

今回は、康祐堂あけぼの漢方鍼灸院に来院される患者さんでも特に多い

パーキンソン病の症状について書いていこうと思います。

 

1817年に初めて、ジェームズ・パーキンソンが「振戦麻痺に関するエッセイ」で、ふるえ(振戦)や姿勢反射障害などの症状について発表しました。後に19世紀後半、フランスの神経内科医シャルコーは、ジェームズ・パーキンソンを賞賛する形で「振戦麻痺」と呼ばれていたこの病気を「パーキンソン病」と呼ぶことになりました。

 

パーキンソン病の症状は大きく分けると運動症状非運動症状に分けることが出来ます。

 

主な運動症状

 

主な非運動症状

 

これらの症状に対して病院で処方される薬の目的は運動症状に対してのものが多く非運動症状に対しては軽視されている傾向にあります。

 

当院の治療

運動症状のみならず、非運動症状に対しても冨田祥史院長独自の脳活性化リハビリ鍼灸YNSA(山本式新頭針療法)、神経の再生を促すHSP(ヒートショックプロテイン)を誘導する特別な温熱治療などにより治療を行なっております。これらの治療によって以前よりも症状が軽くなった、薬の効果時間が伸びた、身体の痛みが改善したと仰られる患者さんがたくさんおられます。康祐堂あけぼの漢方鍼灸院は患者さんが少しでも楽に生活出来るように全力でサポートさせていただきます。

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

エキテン評判のお店


スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10