視野狭窄の種類と原因 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

視野狭窄の種類と原因

2018/06/13

今回は視野狭窄の種類と原因について書いていこうと思います。

 

 

「種類」

視野狭窄には大きく分けて

1.単眼盲

2.両耳側半盲

3.同名半盲

が挙げられます。

これらの症状は障害部位によって決めってくるのです。

 

 

「原因疾患」

 

1.単眼盲

単眼盲は眼球・視神経の障害により発症します。

眼球・視神経の障害を引き起こす原因として緑内障や視神経炎、腫瘍による圧迫、事故による視神経の損傷、薬物による視神経の障害などが挙げられます。

 

2.両耳側半盲

両耳側半盲は字の通り、両側の耳側(外側)の部分の視野狭窄になります。

両耳側半盲は視交叉部の障害により発症します。

代表的な原因疾患は下垂体腺腫です。

下垂体は頭蓋骨の中央部のトルコ鞍と呼ばれる窪みに存在しております。下垂体の上部には視交叉が形成されています。視交叉は目の外側からの情報を脳に伝えております。その為、下垂体腺腫により視交叉が圧迫されて、両耳側半盲が引き起こされます。

 

3.同名半盲

同名半盲は視界の左右どちらか半分が見えなくなることをいいます。例えば、右の同名半盲だとすると、歩行時に右側にある電柱や棚に気づくことが出来ずに右肩をぶつけてしまうといったことが起こります。

同名半盲の原因は脳腫瘍、炎症、外傷など様々ですが、最も一般的ものとして脳梗塞が挙げられます。

 

 

 

次回は同名半盲をもう少し掘り下げて書こうと思います。

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

エキテン評判のお店


スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10