関節リウマチ② | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

関節リウマチ②

2018/07/28

現在のところ原因不明すが、遺伝、感染、ストレス、女性ホルモン、喫煙などの関与が考えられており、複数の要因が関係しているようです。

 

関節の滑膜という場所に変化が起こるのが始まりで、この滑膜がどんどん腫れて、厚くなり関節のみならず骨をも壊して、関節の変形をもたらします。

 

このような滑膜の変化(滑膜炎)は、体の中の免疫という仕組みがおかしくなって起こることがわかってきました。

 

免疫とは、簡単に言えば体を守る一番大事な働きをしており、体に侵入してきた細菌やウイルスを殺してくれる機構ですが、リウマチの場合や膠原病では、この免疫機構がおかしくなり自分の体を攻撃して、壊そうとするので病気になってしまうということがわかってきました。

 

例えて言えば、自分を守ってくれると考えていた防衛軍が反乱し自分自身に刃を向けて攻撃してきたようなものです。

 

すなわち、リウマチの初期はウイルスなどの感染症で起こる関節炎(滑膜炎)と変わらない変化ですが、リウマチでは滑膜炎が持続します。

 

次に免疫で一番大事なT細胞が滑膜を含めた色々な抗原に対して反応(自己免疫)し、滑膜の増殖、血管新生あるいは自己抗体(リウマトイド因子、抗CCP抗体)の産生などを促します。

 

そして、滑膜が増殖して、色々な炎症生物質(サイトカイン)や軟骨を障害するタンパク分解酵素などを分泌し、滑膜自体も軟骨・骨を壊してリウマチの病変が完成します。

 

 

よくリウマチの患者さんからこの病気は遺伝するのですかと質問されますが、まず、最初に断っておかねばならないのは、リウマチは遺伝病ではありません。

 

高血圧や糖尿病のようになりやすい体質は遺伝しますが、リウマチを発症するには他の環境因子が大きな働きをしています。

 

例えば、遺伝子が全く同じな一卵性双生児でも2人ともリウマチになる確率は約15%です。

 

また、家族内発症は通常の3.6倍なりやすいと報告されています。

 

従って、肉親にリウマチの患者さんがいた場合は、普通より確かになりやすいのですが心配する程ではありません。

 

色々な研究でわかって来た事は、HLAという白血球の血液型の中でHLA-DR4があるとリウマチになりやすいという事です。

 

また、タバコを吸う方は、リウマチになりやすく、感染症もこの病気を引き起こすきっかけになるという事です。

 

 

次回はどのような症状が起こるかを説明していきます。

 

 

大阪で関節リウマチなら西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院 

電話:06-6659-0207 FAX:06-6659-5858 

557-0014 大阪府大阪市西成区天下茶屋

mailto:mail@ynsa-japan.com

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

エキテン評判のお店