関節リウマチ④ | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

関節リウマチ④

2018/08/02

関節リウマチの疑いがある場合、問診の後、まずこのような項目の血液検査をして関節リウマチかどうかを確かめます。

 

血液検査

 

項目 リウマチによる変化
免疫に関連するもの リウマトイド因子(RF) 陽性になる
抗シトルリン化ペプチド抗体(抗CCP抗体) (上昇)
MMP-3(マトリックスメタロプロテアーゼ‐3) (上昇)

免疫グロブリン

 

 

(上昇)

 

 

炎症に関連するもの CRP(C反応性タンパク) (上昇)

ESR(赤血球沈降速度[血沈、赤沈])

 

 

(促進)

 

 

貧血に関連するもの 赤血球 (低下)
Ht(ヘマトクリット) (低下)
Hb(ヘモグロビン[血色素量]) (低下)

血小板

 

 

(低下)

 

 

リウマチ以外の病気と区別するもの 抗核抗体(ANA) 陰性になる

 

 

 

 

 

血液検査のほかに、画像検査を行い、関節の状態や炎症がどの程度あるのかを調べます。

画像検査には、エックス線検査(レントゲン検査)、MRI検査、関節超音波(エコー)検査などがあります。

 

 

画像検査

 

エックス線検査(レントゲン検査)

基本的な画像検査です。エックス線撮影で、関節や骨の状態を確認します。

 

 

MRI検査

骨の状態を敏感に確認することができ、また滑膜や関節の周りの筋肉や靭帯、軟骨といった骨以外の組織の炎症や腫れを確認することができます。早い段階での関節リウマチの変化や、関節リウマチの活動性(勢い)を評価することができます。

 

関節超音波(エコー)検査

関節の中で起こっている炎症をリアルタイムで確認することができます。骨の破壊も敏感にみることができます。関節の中の血液の流れ方や滑膜の厚さなどがわかるため、関節リウマチの活動性の評価にも役立ちます。

 

 

次回はリウマチの診断についてお話していきます。

 

大阪で関節リウマチなら西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院 

電話:06-6659-0207 FAX:06-6659-5858 

557-0014 大阪府大阪市西成区天下茶屋

mailto:mail@ynsa-japan.com

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

エキテン評判のお店