脳梗塞⑨ | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

脳梗塞⑨

2018/08/28

リハビリテーションについて

 

リハビリテーションの開始の遅れは、その後の動作能力の再獲得に大きく影響します。

発症から2週間の間の期間を急性期と言います。

発症直後からの運動刺激は、麻痺が生じてしまった部位への意識を活性化させることができ、麻痺の回復を促進させます。

基本的には発症から48時間以内に開始することが望ましいとされていて、心身機能の低下防止を目的にリハビリテーションが始まっていきます。

寝返り動作や起き上がり動作、座位や立位といった基本動作の早期獲得は、生活意欲の向上にもつながり、さらなる動作獲得への目標にもなります。

発症から2週間経過し、そこから3〜6ヶ月経過する期間のことを回復期と言います。

脳卒中の急性期の時期をぬけたあとは、日中の離床時間を少しずつ長くしていき、一日の活動量を増やしていきます。

また外出練習や屋外での動作練習も、バイタルサインに注意しながら実施していきます。

その後、6ヶ月以降からの時期を維持期と言います。

自宅や施設に移動して、リハビリテーションをしていくようになります。

その際に、自宅復帰や社会参加を行えるように、看護師やケアマネージャーとも協力しながら在宅生活への支援をおこなっていきます。

日常生活を可能な限り自分で行い、回復した身体の機能や能力を維持していくためにリハビリテーションを行っていきます。

以前は、脳卒中が起きたらとにかく安静していることが大切だとされていました。 

しかし、最近では脳卒中になったら出来るだけ早くリハビリを始めることの重要さが指摘されています。

傷ついた神経細胞のネットワークを無理にでも動かし続けると、そのうち死んでしまった細胞なしでも身体のシステムを作動させる方法を見に付けていくことが出来ていき、その結果機能が回復し、再び手や足が動かせられるようになります。

わたしたちのからだは長期間その機能を使わないでいると、筋肉が痩せてしまったり、関節が固まりやすくなり、より動かしにくい現状が出来上がってしまいます。

退院して自宅などに帰ってからのリハビリテーションでは、これらの機能の維持に努めながら生活することが重要になってきます。

わかりやすくお伝えすると、「生活の中で、自分でもできることは積極的に行う」ことが大切です。

しかし、発症以前に比べて体が動かしにくくなっていると思います。

無理をして転倒してしまうと、骨折などをしてさらに状態が悪化してしまうことに繋がりかねません。

そういった場合には家族や周りの人に手助けを求めましょう!

また、住宅も使いやすいように工夫していくことが必要な場合もあると思います。

 

 

脳梗塞でお悩みなら、大阪市西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

院長 冨田 祥史(山元式新頭鍼療法 YNSA学会 評議員)

〒557-0014 大阪市西成区天下茶屋2-21-10

TEL&FAX 06-6659-0207 Email: mail@ynsa-japan.com

ホームページ http://ynsa-osaka.com

 

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

エキテン評判のお店


スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10