脳梗塞⑩ | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

脳梗塞⑩

2018/08/30

一般的な治療法

 

片麻痺自体の治療に関しては、医療機関でリハビリなどの機能回復訓練や鍼灸院での鍼灸治療を行って、症状の改善を目指すのが一般的です。

その他、片麻痺による高血圧や高脂血症などの合併症に対しては、投薬治療を行っていきます。

したがって、片麻痺の治療としては、片麻痺自体の治療を行うと同時に、合併症を引き起こしている場合においては、投薬治療で改善していくというのが一般的です。

 

 

 

当院での治療法

 

・高濃度炭酸泉による冨田式HSP温熱療法

温熱に関しては、体に特別な温熱刺激を与えることで細胞を保護し、傷ついた神経細胞を回復させるヒートショックプロテインというたんぱく質が出来ることが、医学的な研究によって判明しています。

このヒートショックプロテイン(HSP)は、細胞が傷つくのを修復する役割を担い傷ついた脳神経や免疫細胞を回復させる働きがあり、リハビリでは起きてこない脳神経そのものの回復を促す可能性が示唆されています。

また10年間の研究の結果、当院で行っている特別な温熱療法で誘導されるHSPは免疫機能が回復し、末梢血管の血流量を増加させて、糖尿病や腎透析などの組織の壊疽すら回復させ、脳神経疾患で傷ついている部分を修復し、四肢の筋硬直や血流不全による痛みや筋拘縮を大きく改善することが可能になりました。

脳活性化鍼灸リハビリと併用することで、目覚ましい回復を遂げられる方が実際に数百人以上いらっしゃいます。

 

 

 

・脳活性化リハビリ鍼灸治療

脳活性化リハビリ鍼灸治療「山元式新頭鍼療法 YNSA®」とは、宮崎の医師「山元利勝」先生に師事して習得した新しい鍼灸の治療方法です。

全世界で1万人以上の医師が実践している治療で、日本人鍼灸師としては、冨田院長が初めて正式に研修を修了しました。

以来、山元先生の直弟子の加藤直哉医師の指導のもと、脳活性化リハビリ鍼灸治療「山元式新頭鍼療法 YNSA®」を使った治療について全国で講演を依頼されています。

YNSA®は、頭皮に鍼を打つことで脳に直接作用するので、直後または治療後数十時間経ってから顕著に効果が現れます。

なかなか動かなかった手足が、一定期間継続して治療を受けることによって、しっかり動くようになっていくのです。

6ヶ月の回復期を超えた方でも、目覚ましい回復を遂げて、動くようになった例も有ります。

その他にもYNSA®は手術された方にも良いです。

膝の手術をされた方の脚の痺れはその手術痕が影響を与えている場合があるので、直接その手術痕に刺激をすることによってたちどころに問題のあるところが回復していきます。

ヘルニアの手術痕も下肢の痺れの原因であることが多く、同じく手術痕にアプローチすることで改善されるケースもあります。

脳出血の方も同じように、脳の手術後の痕にYNSA®でアプローチすることで痺れなどの症状が改善するということも珍しくありません。

西洋医学的なアプローチだけでなく、YNSA®のような代替医療の治療を受けることによって、今まで西洋医学的な治療ではアプローチできなかった様々な症状に対して、ケアを行うことが出来ます。

 

 

・東洋医学鍼灸治療

伝統的な鍼灸治療について、古代中国では麻痺は中風と呼ばれ、治療対象とされていました。
当院での治療は、リハビリテーション病院勤務の脳神経疾患治療の豊富な経験から、伝統的な鍼灸治療を現代西洋医学に照らしてアレンジした治療をおこいます。

顔面神経麻痺、顔面神経痛、嚥下障害、構音障害についても非常に有効です。

特に脳神経疾患(片麻痺)、パーキンソン病、構音障害、自律神経失調症などについて専門家向け、一般の方向けの医療講演を行ったこともあり、日本有数の改善治療を誇ります。

 

 

・鍼灸治療に併用したリハビリ

鍼灸治療と併用してリハビリを行うことで、中枢神経系(脳)に刺激を与えながら、末梢神経系(四肢)に新しい信号刺激を送ります。

 

寺田法

☆中枢・整形問わず広い範囲の疾患に対応出来ます。

☆からだのキーポイントを刺激して動きの改善につなげます。

☆発症から経過が経っていても、日常生活動作の改善につながります。

☆治療を繰り返し受けていただくことで不快な症状を改善させます。

☆一人ひとりのからだのリスクに合わせながら治療を進めていきます。

 

寺田法とは・・

理学療法士の寺田先生による治療法です。

20年の経験において、急性期・慢性期を問わずにADL(日常生活動作)の実用性を向上させる治療法で、整形外科や諸外国の患者様に活用し、結果を出されています。

 

東洋医学と西洋医学の粋を集めて、患者さんの改善を目指します。

 

 

今日で脳梗塞のシリーズは最終回になります。

少しでも参考になれば幸いです(*^^*)

 

 

 

脳梗塞でお悩みなら、大阪市西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

院長 冨田 祥史(山元式新頭鍼療法 YNSA学会 評議員)

〒557-0014 大阪市西成区天下茶屋2-21-10

TEL&FAX 06-6659-0207 Email: mail@ynsa-japan.com

ホームページ http://ynsa-osaka.com

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

エキテン評判のお店


スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10