アトピー性皮膚炎⑧【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢方鍼灸院へ】 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

アトピー性皮膚炎⑧【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢方鍼灸院へ】

2019/05/06

皮疹の湿疹病変
急性病変=紅斑、浸潤性紅斑、丘疹、漿液性丘疹、鱗屑、痂皮
慢性病変=浸潤性紅斑、苔癬化病変、痒疹、鱗屑、痂皮

 

・乾燥…かさかさと皮膚の水分が少なく乾燥した状態。
・鱗屑(りんせつ)…皮膚の表面の角質細胞がフケのようにはがれ落ちる状態。
・紅斑(こうはん)…皮膚表面が発赤する状態。
・丘疹(きゅうしん)…ぶつぶつした小さなドームの形に盛り上がった状態。
・痂皮(かひ)…掻きむしった後にできるかさぶた。
・びらん…皮膚の浅い部分がはがれて、ただれた状態。
・苔癬化(たいせんか)…掻きむしることを繰り返すことによって、皮膚が厚く硬くなってしまった状態。

 

分布  左右対側性

 

好発部位:前額、眼周、口囲、口唇、耳介周囲、頸部、四肢関節部、体躯
 

参考となる年齢による特徴
乳児期   :頭、頭にはじまりしばしば体幹、四肢に降下
幼小児期  :頸部、四肢屈曲部の病変
思春期成人期:上半身(顔、頸、胸、背)に皮疹が強い傾向

 

 

 

大阪でアトピー性皮膚炎なら西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院 

電話:06-6659-0207 FAX:06-6659-5858 

557-0014 大阪府大阪市西成区天下茶屋

mailto:mail@ynsa-japan.com

 

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10