白内障⑨【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢方鍼灸院へ】 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

白内障⑨【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢方鍼灸院へ】

2019/09/14

白内障を放置していると他の目の病気にもなりやすいのでしょうか?という声をよくお聞きします。

 

放置していると、「急性緑内障発作」や「水晶体融解性ブドウ膜炎」などのリスクが増えます。

白内障が進行すると水晶体が膨れたり、水晶体膨潤により隅角が狭まり、房水の流れが悪くなって眼圧が高くなっていきます。もともと隅角の狭い「狭隅角緑内障タイプ」の人は白内障が進行すると、ますます眼圧が上昇して狭隅角が進み急性緑内障発作を起こしやすくなります。

 

緑内障発作はある日、突然、急激な眼圧上昇で強い頭痛に襲われたり、嘔吐などが見られます。

そのリスクを回避するには、見えづらさや眩しさなどの自覚がわずかでもあれば早い目に受診してください。

白内障が進行していれば、手術です。

濁ったり膨らんだ水晶体を取り除き、透明な人工の眼内レンズに置き換えます。

術後は薄いレンズで房水の流れもよくなり、狭隅角が改善されますので眼圧も下がっていきます。

 

次は水晶体融解性ブドウ膜炎です。

白内障を放置しすぎると、水晶体が融解して強い炎症を起こすことがまれにあります。

症状はある日突然、炎症を起こしますので、ぼやける、霧視(むし、霧のように見える)があります。

また、激しい痛みや充血を伴い、時間が経つほど悪化しますので緊急手術が必要です。

 

極度に進行した白内障は検査や手術も難しくなります。

濁りが強く進んだり、硬化・融解が進んだ水晶体では他に目の病気があっても見つけづらくなって、治療が遅れることもあります。

白内障は進行すると他の病気と関連していきます。

症状がある人は放置せずにに定期的に医療機関を受診し、主治医に相談して手術のタイミングを決めることです。

 

 

大阪で白内障なら西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院 

電話:06-6659-0207 FAX:06-6659-5858 

557-0014 大阪府大阪市西成区天下茶屋

mailto:mail@ynsa-japan.com

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10