潰瘍性大腸炎③【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢方鍼灸院へ】 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

潰瘍性大腸炎③【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢方鍼灸院へ】

2019/09/28

潰瘍性大腸炎の診断は、まず患者さんの便が慢性(持続性また は反復性)の粘血便であることを確認することからはじまります。
続いて、大腸ファイバースコープを肛門から挿入して直腸~内部 を観察し、この病気に特徴的な所見(びらんや潰瘍がびまん性(境 界が不鮮明)にみられる)を確認します。
また、この時ほかの病 気と区別するために粘膜のごく一部を取って顕微鏡で調べる検査 (生検組織学検査)も行われます。
これらの検査で多くは診断が 可能ですが、病気の範囲や程度を確認するために、必要に応じて 注腸 X 線検査(バリウムを肛門から入れて X 線撮影を行います)や大腸内視鏡検査(大腸の奥をさらに観察するため)を行うこともあります。
こうした検査は簡単ではありません。
しかし、これらの検査による正しい診断が、より良い治療に結びつくことをよく理解しましょう。

 

 

大阪で潰瘍性大腸炎なら西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院 

電話:06-6659-0207 FAX:06-6659-5858 

557-0014 大阪府大阪市西成区天下茶屋

mailto:mail@ynsa-japan.com

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10