多系統萎縮症⑧【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢方鍼灸院へ】 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

多系統萎縮症⑧【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢方鍼灸院へ】

2019/11/25

多系統萎縮症の疾患概念の確立

かつて、パーキンソニズムを主体とする線条体黒質変性症(striatenigral degeneration:SND)、小脳失調を主体とするオリーブ橋小脳萎縮症(olivopontocerebellar atrophy:OPCA)、自律神経障害を主体とするシャイ・ドレーガー症候群(Shy-drager syndrome:SDS)は、独立した疾患として別々に報告された神経変性疾患であった。

1960年代の終わりからこれら3つの疾患の臨床症状と病理学的所見には共通した点が多いことが注目され、1969年Graham とOppenheimerらは多系統萎縮症(multiple system atrophy:MSA)という疾患概念を提唱した。

その後、これらの疾患脳内に共通して認められるグリア細胞室内封入体(glial cytoplastic inclusion: GCI)が報告され、現在ではMSAは上記の3つの疾患を包括する一つの疾患単位として広く認められている。

最近では、パーキンソニズムが主となる場合をMSA-P、小脳失調が主となる場合を、MSA-Cとよんで区別するようになった。

 

 

大阪で多系統萎縮症なら西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院 

電話:06-6659-0207 FAX:06-6659-5858 

557-0014 大阪府大阪市西成区天下茶屋

mailto:mail@ynsa-japan.com

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10