封入体筋炎⑤【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢方鍼灸院へ】 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

封入体筋炎⑤【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢方鍼灸院へ】

2020/08/03

画像診断

最も特徴的なのは大腿四頭筋の萎縮です。

腓腹筋の内側頭に脂肪浸潤がみられます。

そのほか、下肢と臀部の筋、傍脊柱筋に広汎に虫食い状の低吸収領域がみられます。

MRIでは多発筋炎と比較して、萎縮や脂肪置換をきたしやすいこと、広範囲な病変が現れやすいこと、遠位筋優位の分布になることがより多いこと、左右非対称の分布をとりやすいことなどが報告されており、臨床的には可能性が高いと思われても筋生検で確定的な所見が出ず、多発筋炎との鑑別に迷うときには参考にすべきです。

 

 

大阪で封入体筋炎なら西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院 

電話:06-6659-0207 FAX:06-6659-5858 

557-0014 大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10

mailto:mail@ynsa-japan.com

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10