封入体筋炎⑩【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢方鍼灸院へ】 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

封入体筋炎⑩【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢方鍼灸院へ】

2020/09/07

3.輪状咽頭筋離断術

本治療法は、輪状咽頭筋の可動性が低下し、開大障害を認める症例で有効です。

多発筋炎と診断された82歳女性の輪状咽頭筋の生検を施行し、炎症細胞はほとんど認めなかったが、筋線維は高度に萎縮し、結合織の増生が著明であったと報告しています。

封入体筋炎でも同様の病理像が推測されます。

嚥下時の食道入口部が開口には、①食物を咽頭に送り込む舌の筋力②咽頭収縮筋の筋力③ 舌骨挙上などの随意的な運動に加えて、④軟口蓋の閉鎖や⑤輪状咽頭筋反射などの不随意な運動が関与しています。

輪状咽頭筋離断術は、⑤の障害の輪状咽頭筋嚥下困難症では、効果が期待されるが、炎症性筋疾患の場合はその他の要因の関与も推測されます。

離断術は、咽頭の動きや嚥下内圧が保たれている輪状咽頭筋の弛緩障害の症例が、最も適応があると報告しています。

嚥下造影のみでは、嚥下障害に⑤以外の要素がどれほど関与しているのかを判断するのは不十分で、術前にマノメーターによる嚥下内圧検査を施行する必要があります。

 

4.ボツリヌス毒素治療

輪状咽頭筋離断術の代わりに、ボツリヌス毒素を内視鏡的に輪状咽頭筋に投与する方法で、輪状咽頭筋離断術とその効果機序は同じです。

輪状咽頭筋嚥下困難症では、効果が6ヶ月持続 したとの報告もあり、今後症例の蓄積が必要です。

 

 

大阪で封入体筋炎なら西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院 

電話:06-6659-0207 FAX:06-6659-5858 

557-0014 大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10

mailto:mail@ynsa-japan.com

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10