乳がん⑦【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢方鍼灸院へ】 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

乳がん⑦【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢方鍼灸院へ】

2020/12/04

乳がんの分類法「病期(ステージ)」

「病期(ステージ)」は、シコリの大きさやリンパ節の転移などを調べ、がんの進行具合によって5種類に分類されます。

この病期(ステージ)による分類は、手術の必要性・方法などを考えるための基本情報なのです。
5種類のステージとは0期、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期で、状態によってさらに細かく分かれていきます。

 

【0期】

乳がんが乳腺の中に留まっている、非浸潤がん=超早期がん。

 
【Ⅰ期】
・ⅠA期

シコリの大きさが2cm以下で、脇の下のリンパ節に転移がない。

・ⅠB期

シコリの大きさが2cm以下で、脇の下のリンパ節へ微小な転移がある。

【Ⅱ期】
・ⅡA期(a、bのいずれか)

a)シコリの大きさが2cm以下で、脇の下のリンパ節への転移がある。
b)シコリの大きさが2~5cmで、脇の下のリンパ節への転移がない。

・ⅡB期(a、bのいずれか)

a)シコリの大きさが2~5cmで、脇の下のリンパ節への転移がある。
b)シコリの大きさが5cm以上で、脇の下のリンパ節への転移がない。

 
【Ⅲ期】
・ⅢA期(a、b、cのいずれか)

a)シコリの大きさが2cm以下で、脇の下のリンパ節への転移はないが、胸骨の内側のリンパ節(内胸リンパ節)が腫れている。

b)シコリの大きさが5cm以上で、脇の下か胸骨の内側のリンパ節への転移がある。
c)シコリの大きさに関わらず、脇の下のリンパ節への転移があり、かつリンパ節がお互い癒着していたり、周辺の組織に固定している。

・ⅢB期

シコリの大きさや転移の有無に関わらず、シコリが胸壁に固定しているか、皮膚にシコリが現れる、皮膚が崩れる、皮膚がむくんでいる、といった状態。

・ⅢC期(a、bのいずれか)

a)シコリの大きさに関わらず、脇の下と胸骨の内側のリンパ節どちらにも転移がある。

b)シコリの大きさに関わらず、鎖骨の上下にあるリンパ節に転移がある。

 
【Ⅳ期】

シコリの大きさに関わらず、遠くにある他の臓器に転移している。

※骨、肺、肝臓、脳などに転移しやすい。

 

 

大阪で乳がんなら西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院 

電話:06-6659-0207 FAX:06-6659-5858 

557-0014 大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10

mailto:mail@ynsa-japan.com

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10