脳梗塞⑩日常生活で気をつけること | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

脳梗塞⑩日常生活で気をつけること

2021/05/08

脳梗塞は突然に起こる病気、かかってからしまったと思っても手遅れ、そこで普段から予防しておくことが大切です。
突然に、「半身の手足が動きにくくなった」、「半身の手足あるいは顔面がしびれる」、「ろれつが回りにくくなって、うまくしゃべれない」などの症状が起こった時は脳梗塞が疑わしいので、すぐに病院へ行きましょう。その他、「急に視野が欠けた、見えなくなった」、「めまいがした」などと言う症状も要注意です。
脳梗塞は、朝、起きた時に気付くことが多いです。朝、起きた時に以上のような症状に気付いた時は、脳梗塞の始まりかもしれません。様子を見ないで、すぐに病院へ行きましょう。
脳梗塞は夏に多いです。その理由は暑さのせいで汗をかいて脱水、つまり血液がドロドロになりやすいからなのです。炎天下を避け、汗をかいたら十分な水分補給をしましょう。

心臓の不整脈から起こる脳梗塞が増えています。動悸がしたら、心房細動など、心配な不整脈でないかどうか調べてもらいましょう。

脳梗塞の最大の危険因子は高血圧です。次に高脂血症(血液中のコレステロールが高い)、糖尿病があります。このような病気にかかっていないか時々チエックして、早めに治しておくことが、脳梗塞の予防に一番、大切です。高血圧、高脂血症、糖尿病を放っておくと、将来、脳梗塞や心筋梗塞にかかることになります。しかし血圧が高くても、血液中のコレステロールが高くても、あるいは血糖が上がっていても、普通、痛くもかゆくもないので、治療を受けようという気になりにくいことに注意してください。タバコを吸っていると多血症、すなわち血液が濃く、ドロドロとした状態になり、脳梗塞にかかりやすくなることにも注意が必要です。

血液の流れを悪くする悪玉コレステロール対策もしましょう。適度な運動も欠かせません。長く続けるためには、あまり負担にならないウオーキングやジョギング、水泳などがおすすめです。これらのいわゆる有酸素運動 (たくさんの酸素を使って長時間続ける運動のこと) には、脂肪を燃焼させる働きがあります。特にウォーキングは、「歩く」という日常の動作ですので、すんなり始められると思います。脂肪を燃やすことはもちろん、悪玉コレステロールを減らしたり、血液量が増えるため血管の弾力性を強化することにもつながります。

 

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10