パーキンソン病⑤種類について | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

パーキンソン病⑤種類について

2021/07/06

パーキンソン病は、脳の中の神経の伝達物質であるドパミンを作る細胞(ドパミン神経細胞)が減ってしまうために起こる病気です。しかし、ドパミンが欠乏する病気はパーキンソン病の他にもあります。

「ドパミンが欠乏していてもパーキンソン病ではない病気」をまとめてパーキンソン症候群と呼びます。

パーキンソン症候群には、①脳細胞の病気と②脳細胞以外の病気・症状が含まれます。

 

①脳細胞の病気

○多系統萎縮症
多系統萎縮症ドパミン欠乏に加えて、自律神経が障害される病気。立ちくらみや失神発作、排尿障害、睡眠中のいびきや無呼吸などの症状が特徴。

○進行性核上性麻痺
進行性核上性麻痺脳幹の神経細胞が減少する病気。早期からのすくみ足や後ろ向きに転びやすいことが特徴。進むと目の動きが悪くなり、認知機能が低下。

○大脳皮質基底核変性症
大脳皮質基底核変性症パーキンソン病の症状と大脳皮質の症状が見られる病気。片方の手足が固まったり、単純動作は出来ても複雑な動作が出来ない、意図通りにならないといった症状が特徴。

 

②脳細胞以外の病気・症状

○脳卒中
加齢などによって血管がもろくなり(動脈硬化)、血管が詰まったり(脳梗塞)、出血して(脳出血)脳が障害されて起こる病気。

○薬剤性
薬がドパミンの働きを妨げることでパーキンソン病に類似した症状が起こる病態。抗精神病薬などで発生しやすい。

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10