パーキンソン病におけるドパミン神経系以外の変化 ③その他の神経系 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

パーキンソン病におけるドパミン神経系以外の変化 ③その他の神経系

2016/02/18

 近年、パーキンソン病患者およびレビー小体型認知症の髄液におけるタウ蛋白(細胞の形態形成、物質輸送、分裂、運動などさまざまな重要機能に関与する細胞骨格の1つである微小管に結合し安定化させる微小管関連蛋白の1つ。アルツハイマー型認知症の病態の1つと考えられる神経原線維変化はタウ蛋白がリン酸化結合することにより生じる)、アミロイドβ蛋白1-42(アルツハイマー型認知症の病態の1つである老人班の主成分となる蛋白質。何らかの原因でアミロイド蛋白の分解・除去されないアミロイド蛋白が重合して神経細胞性毒をもたらすと推察されている)、α-synuclein(家族性パーキンソン病の原因遺伝子として同定され、その蛋白質が線維化・凝集して形成されるレビー小体はパーキンソン病の病態形成に深く関連していると考えられてる)等の濃度変化が報告されています。髄液アミロイドβ蛋白1-42濃度の高いパーキンソン病患者では、認知機能がより早期に低下することがわかっています。また、パーキンソン病患者では髄液中のα-syncleinのオリゴマー濃度が有意に高いことが明かとなっています。これら物質の特異的バイオマーカーとしてパーキンソン病診断、予後推定への役割が期待されます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大阪で脳梗塞・パーキンソン病・自律神経失調症なら西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院 

電話:06-6659-0207 FAX:06-6659-5858 

〒557-0014 大阪府大阪市西成区天下茶屋

mailto:mail@ynsa-japan.com

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel
button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら


天下茶屋駅×鍼灸部門
天下茶屋駅×整体部門
天下茶屋駅×マッサージ部門
2016年12月時点

ブログ

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

エキテン評判のお店



康祐堂あけぼの漢方鍼灸院の口コミをもっと見る