パーキンソン病 その3 パーキンソン病の症状「振戦」 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

パーキンソン病 その3 パーキンソン病の症状「振戦」

2016/04/12

こんにちは、大阪市西成区天下茶屋の康祐堂鍼灸院です。
 
今回はパーキンソン病の症状の中でも「振戦」ー手足のふるえーについてお話ししていきます。
 
さて、ふるえはパーキンソン病でなくても起こります。たとえば、寒いときや緊張したときなどにふるえがくることはよくありますし、本態性振戦という原因不明でふるえが起こる病気もあります。またバセドー病に代表される甲状腺機能亢進症(のどの部分にあるホルモン分泌器官の働きが活発になりすぎる病気)などで、ふるえが生じることもあります。
 
これらに対し、パーキンソン病のふるえは安静時振戦といって、力を抜いてじっとしているときにふるえが起こり、ふるえを意識したり、体を動かしたりすると軽減するのが特徴です。ふるえは横になっていても起こりますが、眠ると止まります。
また、パーキンソン病のふるえは、1秒間に5回前後と比較的ゆっくりで、最初は片方の手足に現れ、反対側に広がっていきます。その際、手の指は丸薬を丸めているような独特の動きをします。
 
多くの場合、字を書くなど細かい作業をするときに不自由を感じるようになって、ふるえを自覚するようになりますが、なかには他人に指摘されて初めて気づいたという人も少なくありません。緊張するとふるえがひどくなることもあります。
振戦が強くなると、コップを持っていてもガタガタふるえたり、唇や下あごがふるえるようになったりします。
 
本日はここまでです。次回はパーキンソン病の症状の「筋固縮」「寡動・無動」についてお話ししていきます。
 
パーキンソン病なら大阪市西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院
院長 冨田 祥史(山元式新頭鍼療法 YNSA学会 評議員)
〒557-0014 大阪市西成区天下茶屋2-21-10
TEL&FAX 06-6659-0207 Email: mail@ynsa-japan.com

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel
button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら


天下茶屋駅×鍼灸部門
天下茶屋駅×整体部門
天下茶屋駅×マッサージ部門
2016年12月時点

ブログ

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

エキテン評判のお店



康祐堂あけぼの漢方鍼灸院の口コミをもっと見る