パーキンソン病 その6 パーキンソン病の症状「自律神経障害」 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

パーキンソン病 その6 パーキンソン病の症状「自律神経障害」

2016/04/18

こんにちは、大阪市西成区天下茶屋の康祐堂鍼灸院です。
 
前回はパーキンソン病の症状の中でも「姿勢反射障害」ー姿勢の異常ーついてお話ししました。
今回は「自律神経障害」についてお話ししていきます。
 
さて、私達の内臓諸器官は、自律神経によって無意識のうちに調節されています。パーキンソン病ではこの自律神経の働きが障害され、全身にさまざまな症状が出てきます。
 
その代表的な症状のひとつが、胃腸の働きの低下にともなう便秘です。パーキンソン病の患者さんのほとんどが頑固な便秘を抱え、苦しんでいるといってもよいでしょう。治療薬として抗コリン薬を服用している場合、その副作用として便秘が生じることもあります。
 
起立性低血圧もよく見られる症状です。私たちが立ち上がるとき、自律神経は足の血管を自動的に収縮させて、脳の血圧が低くならないように調整しています。パーキンソン病の患者さんの場合、そうした血圧の自動的な調整がうまくいかなくなるため、立ち上がった瞬間に血圧が急激に低下し、立ちくらみを起こすわけです。
 
また、パーキンソン病になると一般的に血圧が下がり、高血圧だった人は正常値を示すようになります。
このほか尿ができらない排尿困難や頻尿、尿失禁などの排尿障害も、比較的よく見られる症状です。体温の調節障害によって、手足は冷えやすくなり、足にむくみが出ることもあります。また、体は汗をかかなくなる一方で、顔からはひどく汗が出て、脂ぎった脂顔になります。
 
今回はここまでです。次回はパーキンソン病の「精神症状」についてお話ししていきます。
 
パーキンソン病なら大阪市西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院
院長 冨田 祥史(山元式新頭鍼療法 YNSA学会 評議員)
〒557-0014 大阪市西成区天下茶屋2-21-10
TEL&FAX 06-6659-0207 Email: mail@ynsa-japan.com

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel
button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら


天下茶屋駅×鍼灸部門
天下茶屋駅×整体部門
天下茶屋駅×マッサージ部門
2016年12月時点

ブログ

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

エキテン評判のお店



康祐堂あけぼの漢方鍼灸院の口コミをもっと見る