スタッフ紹介 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

スタッフ紹介

「改善すること」を諦めないでください。

院長紹介

冨田祥史
氏名 冨田祥史 星座 おひつじ座
資格 鍼灸師 出身地 大阪
職歴 11年 趣味 パン作り
血液型 B型 好きな言葉 感謝

患者様へのメッセージ

冨田 祥史(とみた よしふみ)
S50年3月25日生

2児のパパ、おひつじ座のB型(なぜかA型に良く間違えられます)。
船橋市立行田幼稚園、船橋市立行田小学校、堺市立赤坂台中学校、大阪府立泉北高校、近畿大学、神戸東洋医療学院卒。

子供の頃から敏感で、人の感じない空気や、“氣”を感じる繊細な感覚を持っていました(血筋みたいです)・・・過保護に育てられたからかもしれませんね(笑)自分の不思議な感覚の理由を解き明かしたくてたくさん勉強しました。
持って生まれた感覚を生かして、世のために人のために役立つ事をしたいと漠然と考える少年時代でした。その他は漫画好きな普通の少年だったのですが(笑)
難病をどのようにして改善できるようになったか
大学時代は写真にのめり込み、撮影旅行で撮った写真が偶然朝日新聞の地方版に載ったりして賞を頂いた事がありました。
見えない世界をなんとか切り取ろうとしただけだったのですが、思いがけず嬉しい受賞でした(笑)。
大学を卒業後、上場IT企業に就職しましたが、西洋医学では治らないとされる難病の方が東洋医学や漢方で改善する事を目の当たりにして、持って生まれた感覚を生かす事の出来る鍼灸業界に飛び込みました。
難病を治す東洋医学、代替療法のスペシャリストを目指して修行する毎日で、在学中に漢方鍼灸の全国組織の理事長先生に弟子入りし漢方鍼灸や氣を操る技術を習得させていただきました。
難病の方々のつらい症状の改善法を、眼の見えない師匠のところで経験(3年間)したことで、こころと身体のことを色々勉強させていただきました。
その経験があったので、難病、慢性病の方々の、痛みや、つらさ、苦しみなどに「共感する事」ができるようになったと思います。
在学中から漢方、鍼灸、気功、西洋薬、医師のための勉強会、薬剤師のための勉強会、健康食品、ボディーワーク、心理療法等、様々な難病改善、慢性病改善のための学会、勉強会に参加させていただきました。
時にはとんぼ返りで福岡の学会に参加した事も有ります。修業期間の数年間は好きな漫画を一冊も買わずひたすら専門書を読みあさって、「難病を改善するためにはどうしたら良いか」を考えていました。
おかげでいくつかの慢性病や、西洋医学では治らないとされている難病を改善する事ができる技術を身につける事ができるようになりました。
いくつかの分野の技術において私と同じ事が出来る人は鍼灸業界にはいません。オンリーワン技術をいくつも習得しています。(ちなみに鍼灸学校の卒業式では、成績優秀者として前に出て表彰していただきました。卒業式当日に突然言われたので、びっくりして「またまたご冗談を(笑)」と言ってしまい、学長に怒られた記憶が有ります(笑))
患者さんや医療関係者の方によくこんな風な質問を受ける事があります。
「先生は若いのにどうしてそんなに難病治療に詳しいのですか?」
「冨田先生はどうしてそんなに必死になって勉強されたんですか?」
私には忘れられない患者さんが何人もいらっしゃいます。
そのうちの一人は私が初めて担当させていただいた、がん患者さんです。その方は20代で私ほとんど同じ年の方でした。彼は最初に会ったときはもうすでに末期のがんの状態でした。「冨田先生の鍼灸治療を受けると身体が楽になる」と言って毎週熱心に通っていただいた患者さんでした。
ある日、その患者さんが救急車に乗って病院に搬送されていらっしゃいました。救急の処置室に運ばれていらっしゃった患者さんは、「痛みが楽になるから」と言って点滴につながれながら、救急の処置室でも私の鍼灸治療をご希望されました。
モルヒネも効かない激しい末期がんの痛みに当時の私の治療がどれだけ有効だったのでしょうか?入院中も何度も鍼灸治療を希望され、その度に私は残業して治療に当たりました。
ある日、患者さんがCTを撮るための部屋に入っていく時に、患者さんの彼女さんが茫然とCT室の前の廊下の椅子で座って待っていらっしゃいました。私は気になってお水を持っていって彼女に手渡しました。「元気を出してくださいね」私がそう声をかけた瞬間、彼女は大粒の涙を流して嗚咽とともに泣き出しました。
突然、私は悟りました『私はこの方にも患者さんにも何もしてあげる事が出来なかった・・・私の技術がもっと優れていれば、もっと勉強していれば・・・患者さんを救うことができたかもしれないのに・・・』その思いは私の心の中に深く刻み込まれていたのです。
間もなく患者さんは旅立たれていかれました。
その日以来私は好きだった娯楽をすべてやめ、毎日難病改善のための研究に必死に取り組むようになったのです。
片麻痺やがんだけでなくパーキンソン病、リウマチ、アトピー、クローン病、シェーグレン症候群、潰瘍性大腸炎、うつ病、統合失調症、めまい、耳鳴り、パニック障害、不妊症、脳神経疾患、不育症、結合性混合組織病、強皮症、死に対する恐怖、人間関係の悩み、トラウマ、西洋医学では治らないとされている難病を改善するために全力を尽くし、この世の中から苦しんでいる人をなくす、難病をなくす・・・それが私の使命だと気づいたからです。
今ではご縁のあった患者様すべてが私の「忘れられない患者さん」です。
難病改善の道は簡単では有りません。ですが、千人以上のがんやリウマチ、パーキンソン病、アトピーなどの難病患者さんを診させていただいた経験から
「今有る状態から、副作用なく、元気になる」
事は可能だと考えます。
「私は、副作用が強く患者さんの生活に害のある治療を拒否して、副作用なく、患者さんに元気になっていただく『身体に優しい』治療を目指します。」
毎日、「あなたの!明日の!元気の!」ために日々の施術に打ち込んでいます。
東洋医学の施術に加え、心理療法、ヒーリングをも学ぶ事で、心の疲れも、身体の疲れも、そして魂(スピリチュアル)の疲れも回復させる、現代人が求める質の高い施術と「癒し」を常に提供しています。
最近のとみたは
日々「昨日より元気な生活」「快適な生活」「生活の質の向上」を求め、健康法や治療法をいろいろ実践している健康オタクです。
(朝バナナダイエットは失敗しました!もとから痩せていたので痩せませんでした(笑))
患者さんに勧める漢方薬、健康食品や健康器具は必ず自分で買って試してからご紹介します。
修業時代に技術の習得や勉強のためにすべて貯金を使ってしまったので、結婚の時に貯金がほとんどなく今でも妻には全く頭が上がりません!ドラゴンボールや漫画が大好きです。
子供とお風呂に入るのが最近の私の一番の癒しです。

悩んでいても一日ですし、楽しんでいても一日です!
明るい明日のためにいっしょに頑張りましょう!!

院長経歴

講演実績

インタビュー

冨田先生が鍼灸師になろうと思ったきっかけは?
もともと母が漢方薬局をやっていて、西洋医学で治らないものも治していたので漢方と同じ東洋医学である鍼灸を使い、漢方で中から治し、鍼灸で外から治すことをやっていきたいと思ったからです。
鍼灸治療を行う際にどのようなことを意識されていますか?
人には自然治癒力というものがあるので、その自然治癒力を最大限に高めるということですね。
どうしても西洋医学では押さえ込む治療をしてしまうことが多いので、深いレベルに鍼灸治療で自然治癒力を高めることを意識しています。
鍼灸治療は痛いとか怖いといイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、実際はどうなんでしょうか?
image_int_03髪の毛よりも細い鍼を使うので、ほんとうに小さな刺激しかありません。14歳ぐらいの女の子も毎週通っていて元気になっていますので、例えば、泣きわめくぐらい痛いってことはないと思います。(笑)大丈夫です。
鍼灸治療や心理療法などの治療法を取り入れられていますが、どのような基準で選ばれているのですか?
患者様の症状に合った最適な施術を心がけるようにしています。例えば、脳神経疾患や自律神経失調症などであれば、YNSA®が有効ですし、リウマチやアトピーや冷え性、不妊症の方などは、炭酸泉の温熱療法や不妊鍼灸は効果的です。
また実は栄養不足で、いろんな体の状態が悪くなっている方もいらっしゃるので、そういう方には漢方薬やサプリメントなどでいくつかの治療法を並立して治療を行っています。
鍼灸治療を受けられている方はどういった年齢層、性別の方が多いですか?
専門である脳神経疾患などは、50代~70代は多く、場合によっては80代の方まで治療に受けられることもあります。
疾患によって年齢層が変わったりしまして、例えば不妊鍼灸などはもちろん20~30代、そして40代の方もいらっしゃることがあります。
女性の患者様への問診や治療する上で心がけていることありますか?
女性の患者様は、すごいストレスを抱えていたり、心の問題をすごいもっていらっしゃる方が多いのでそういう方にはカウンセリング的な施術を行って、心も体もリラックスしていただけるような治療をこころがけています。
冨田先生の得意な疾患はなんですか?
まずは脳神経疾患ですね。これは、片麻痺とかパーキンソン病、ALS、形成麻痺などいろんな疾患があります。2つ目は、自己免疫疾患、リウマチ、アトピーですね。3つ目が難治性の腰痛や肩こり、首の痛みです。4つ目が自律神経失調症です。
こういう方は、主に治らないといわれているような患者様がよくなっていかれます。5つ目が、がん患者様です。がん患者様だけでも400症例ぐらいありまして、末期がんでも一定数立ちなおる方がいらっしゃいますので、専門的に診さしていただいています。あとは、美容鍼灸であるとか、不妊症などは最近とくに、力をいれています。
効果的な鍼灸治療を行うために大切なこととは?
相手の自然治癒力を信頼して、それを引き出してあげること。そのためには、自分が治すというわけじゃなくて、患者様の治癒力を高めるという意識が必ず必要になってくると思います。
将来的に、YNSA®などの効果的な鍼灸治療を今もお困りの患者様や同じ鍼灸師の先生にどのように広げていこうと思っていますか?
YNSA®は素晴らしい技術で世界に広がっているんですが、日本ではまだ広がっているとは言いがたい状況なので、僕の師匠も言っていたのですが、一人でも多くの人をYNSA®で助けてあげられるように、専門家の方にお届けしたいです。
実際、ネパールとか海外の中国の方とか台湾の方でも、無医村の国の患者様にも治療を届けられるようにしていきたいなと思っています。
最後に、患者様に向けてメッセージをお願いします。
難しい疾患で気持ちもすごく落ちてしまって希望を持てないという方は非常に多いと思います。でも、当院で治療することによって元に戻せるわけではないのですが、今の状態よりも必ず生活の質をあげれますし、一部機能は回復することもあります。
そうすることで、皆さんのできることが一つでも増えていけば、皆さんの生活のレベルというのは絶対あがると思います。それに寄り添って、お手伝いしたいと思っています。

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel
button

トップページへ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら


天下茶屋駅×鍼灸部門
天下茶屋駅×整体部門
天下茶屋駅×マッサージ部門
2016年12月時点

ブログ

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

エキテン評判のお店



康祐堂あけぼの漢方鍼灸院の口コミをもっと見る