脳出血②種類について | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

脳出血②種類について

2021/05/25

①被殻出血

「被殻」は、大脳の中央部に左右1対あり、身体の運動調節や筋緊張、学習や記憶などの役割を持っています。この部分からの出血は最も高く、脳出血の約40~50%を占めています。

被殻出血の症状として、頭痛や体の半身が麻痺を起こす「片麻痺」、感覚障がい、言葉の理解や話すことが不自由になる失語症や構音障がい、顔の片側がゆがんでしまう「顔面神経麻痺」などがあります。

②視床出血

「視床」は、大脳半球と中脳の間にある間脳の左右に1対あり、触覚や痛覚などのさまざまな感覚を集約する役割を担っています。この部分からの出血は、被殻に次いで多い脳出血の約30%を占めています。視床は視覚や聴覚などで得た情報を集め、感覚中枢に送り届ける役割を担います。

この部分で出血が起こると、頭痛や片麻痺、顔面神経麻痺に加えて意識障がい、感覚障がいや、半身の激しい痛みが起こることがあります。また、眼球が下内側をみるような位置になったりするのも特徴です。

③皮質下出血

「皮質下」出血とは、大脳半球の表面を覆う「大脳皮質」の下で起こる脳出血です。脳出血の約10~20%を占めています。

「頭頂葉」「前頭葉」「側頭葉」などさまざまな部位で起こりますが、症状としては、いずれの場合も頭痛や痙攣、片麻痺、構音障がい、また五感に異常が見られる感覚障害などが挙げられます。そのほか片目、あるいは両目の視野の半分が欠けてしまう「半盲」も症状として現れます。

 

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10