脳出血③種類について | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

脳出血③種類について

2021/05/28

④小脳出血
小脳は、脳幹(大脳と脊髄をつなぐ器官)の背後に位置しています。知覚と運動機能を統合し、平衡感覚や筋緊張などを調節する役割を持っています。この部分からの出血は、脳出血の約10%を占めています。

ここで出血が起こると、突然の頭痛やめまい、嘔吐などが症状として現れます。また、小脳が運動機能をつかさどっている関係上、起立・歩行障がいなどの「運動失調」が起こることもあります。うまく立てない、うまく歩けないといった運動機能の異常が見られます。また、血腫が大きい場合には脳幹が圧迫され、命に危険がおよぶことがあります。

⑤橋出血

「橋」は、中枢神経系を構成する重要な部位が集まる「脳幹」の一部に含まれる部位です。脳幹は大脳と脊髄をつなぎ、脳が処理した情報を脊髄に伝えて実際の行動につなげていますが、橋には顔の筋肉や眼球を動かしたり、呼吸を調整したりする働きなど、生命活動の維持に重要な役割を担っています。

この部分からの出血は、脳出血の約10%を占めています。この部分で出血が起こると、脳幹部にある「橋」は生命維持に必要な機能を持っていることから、橋出血は重症に至ることが多く、頭痛や片麻痺、意識障害などが症状として現れます。また、手足が動かなくなる四肢の麻痺、眼球の向きが左右でバラバラになるなどの異常を起こす「外転神経麻痺」が見られることもあります。瞳孔が小さくなる「縮瞳」などが起こったり、急速に昏睡状態となり、命に危険がおよぶこともあります。

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10