パーキンソン病⑪食べ物の注意点 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

パーキンソン病⑪食べ物の注意点

2021/07/31

パーキンソン病が進むと嚥下(飲み込み)障害によって、水分にむせやすくなったり、食べ物がのどに詰まりやすくなったりします。そこで、調理の際は舌でつぶせる程度の硬さにして小さく切っておきます。また、焼くより煮る方が柔らかく仕上がり、あんかけなどのとろみのついた料理は食べやすくなります。食べる際には一口の量を少なくし、口の中のものを全部飲み込んでから次のものを入れるようにします。

次のようなものは詰まりやすい、またはむせやすい食品で、食べる時には注意が必要です。

①水分が少ないためパサつくもの(クッキー、カステラ、パンなど)
②粘り気があるもの(もち、団子など)
③弾力があり、かみにくいもの(こんにゃく、イカ、タコなど)
④一口で口に入ってしまい丸飲みになりやすいもの(にぎり寿司、一口大のまんじゅうなど)
⑤口の中に貼り付きやすいもの(のり、わかめなど)
⑥小さくて気管に吸い込んでしまいやすいもの(豆類など)
⑦かんでいるうちに、水分が出てきてむせやすいもの(高野豆腐、油揚げなど)

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10