オレンシア②(生物学的製剤)〜副作用について〜 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

オレンシア②(生物学的製剤)〜副作用について〜

2021/10/16

オレンシアの副作用について

○感染症
オレンシアはTリンパ球のはたらきを抑えることによって関節リウマチの症状を抑えますが、Tリンパ球は細菌やウイルスに対する免疫による防御も担っているため、オレンシアの投与により、感染症にかかりやすくなる可能性があります。
オレンシアによる治療を受けた患者さんで、鼻咽頭炎、気管支炎などの感染症の他、敗血症(細菌が血液によって全身に運ばれる感染症)、肺炎、蜂巣炎(皮膚深部に生じる感染症の一種)などの重い感染症も報告されています。

 

初期症状として、

・敗血症
ふるえる、寒気がする、熱がある、脱力する、 錯乱する、嘔吐する、下痢をするなど

・肺炎
たんを伴う咳が出る、熱がある、息切れする、胸が痛む、 寒気がするなど

・蜂巣炎(ほうそうえん)
皮膚が赤くなる、押すと痛む、熱をもって腫れるなど

があります。これらの症状が見られた場合は、すぐに主治医にご相談下さい。

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10