難聴②種類について | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

難聴②種類について

2021/11/04

難聴は、外耳と中耳の障害によって音がうまく伝わらない「伝音難聴」と、内耳や脳に問題があり、音をうまく感じ取れない「感音難聴」の2種類に分けられます。

〜伝音難聴〜

伝音難聴とは 音は外耳道を通り、鼓膜を振動させます。 この振動は3つの耳小骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)から内耳へと伝えられていきます。 この3つの耳小骨と鼓膜を含む「中耳」に何らかの疾患が起こり、耳の聞こえが悪くなっている状態を「伝音難聴」といいます。

〜感音難聴〜

感音難聴とは、内耳(蝸牛)または聴神経に損傷がある場合や、正常に機能しない場合に起こります。 感音難聴があると、音が小さく聴こえるだけでなく、(特に騒がしい環境で)理解しにくくなります。

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10