パーキンソン⑤進行度指標1 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

パーキンソン⑤進行度指標1

2022/05/24

パーキンソン病は、症状が徐々に進行していく病気ですが、病気の進行速度はそれぞれ人によって異なります。

パーキンソン病の進行度を示す指標として、下記の2種類あります。

1.ホーン・ヤールの重症度分類

2.生活機能障害度分類

 

今回は1.ホーン・ヤールの重症度分類について紹介します。

この分類はⅠ度〜Ⅴ度(1〜5度)まであり数字が大きくなるにつれて進行度が高いです。

ホーン・ヤールの重症度分類

Ⅰ度

体の片側だけに手足のふるえやこわばりがみられる。身体の障害はないか、あっても軽い。

Ⅱ度

両方の手足の震え、両側の筋肉のこわばりなどがみられる。日常生活や仕事がやや不便になる。

Ⅲ度

小刻みに歩く。すくみ足がみられる。方向転換の時に転びやすくなるなど日常生活に支障が出るが、介助なしに過ごせる。職種によっては仕事は続けられる。

Ⅳ度

立ち上がる、歩くなどが難しくなる。生活の様々な場面で介助が必要になってくる。

Ⅴ度

車椅子が必要になる。ベッドで寝ていることが多くなる。

 

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

あなたのお悩みはどれですか?

 

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10