白内障③【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢方鍼灸院へ】 | 大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

MENU

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

大阪の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院

天下茶屋駅から徒歩1分

診療時間

白内障③【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢方鍼灸院へ】

2019/09/05

老眼と白内障の違い

 

老眼とは眼の調節力(ピントを合わせる力)が衰え、自由に遠方と近方を切り替えて見ることが難しくなることです。
遠くがよく見えているひとなら、近くが見にくくなってきます。
近視などでもともと近くがよく見えていても、老眼になると、より近づいて見ることができなくなります。
近視の人が老眼になると、近くを見るのにメガネをはずしたほうがよく見えるようになります。
老眼はメガネの使い方しだいで読書も生活も可能ですが、白内障はメガネやコンタクトレンズを用いても見づらく感じ、文字が読みづらくなる点が老眼とちがいます。

 

 

大阪で白内障なら西成区天下茶屋の康祐堂あけぼの漢方鍼灸院 

電話:06-6659-0207 FAX:06-6659-5858 

557-0014 大阪府大阪市西成区天下茶屋

mailto:mail@ynsa-japan.com

ご予約・お問い合わせ

まずはお気軽に当院までお問い合わせください。
必ずあなたのお悩みの症状を最短期間で改善することをお約束いたします。

tel

 

 

button

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたのお悩みはどれですか?

お悩みの症状一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

ブログ

スタッフ募集中

康祐堂あけぼの漢方薬局鍼灸院

外観

〒557-0014
大阪府大阪市西成区
天下茶屋2-21-10

交通手段
「南海線・地下鉄御堂筋線」 天下茶屋駅から徒歩1分

アクセス方法

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

スタッフ募集中

電話番号:06-6659-0207
住所:大阪府大阪市西成区天下茶屋2-21-10